Gourmet

Gourmet

福岡は新鮮な玄界灘の魚介類、近隣から集まる山の幸と豊富な食材に恵まれ、多くの絶品メニューが味わえる日本有数のグルメ都市です。旅先で美味しい食べものに出会うのも楽しみのひとつ。Taxi Tripの途中に立ち寄ったり、食べ歩きのグルメツアー組んだりと福岡の“美味しい”をご堪能ください。

博多水炊き

水炊きはシンプルな鶏鍋で家庭でも食される郷土料理です。スープからはじまり具材を順番に楽しみます。シメのおじや(雑炊)まで繊細な郷土料理を堪能ください。

もつ鍋

牛の内臓を主な材料とする鍋料理。福岡の郷土料理でしたが、今や全国区の人気です。残ったダシにちゃんぽん麺を入れてのシメがまた格別です。

博多ラーメン

白濁のとんこつスープに極細ストレート麺。具材もシンプル、ネギとチャーシューだけが主流です。麺のおかわり「替え玉」ができるのも特徴のひとつです。

辛子明太子

スケトウダラのたらこを唐辛子などで漬け込んだもの。そのままでも軽く焼いても、ご飯に合、酒肴にもなる食べもの。最近ではパンやパスタにも使われています。

博多うどん

博多はうどん伝来の地といわれています。ふわふわしたこしの弱い麺と透明のあごや昆布のだしのつゆが特徴です。ごぼう天、丸天、肉などの具を入れて食べます。

梅ヶ枝餅

太宰府天満宮の参道で売られているあんこ入りの焼餅です。梅の刻印が押された外側は、ぱりぱりの香ばしい食感が楽しめます。道真公の逸話が起源といわれています。

博多餃子

ひとまわりこぶりで外皮がぱりぱりに焼かれた博多餃子。ご飯のおかずというよりも酒の肴としてよく食べられています。ゆず胡椒をつけて食べます。

ふく料理

関門地方の冬の味覚といえば、ふく料理。フグではなく“ふく”と呼びます。皿の絵柄が透けて見えるほど、薄く引かれた刺身は安岡ネギに巻いてポン酢煮付けて食べます。

焼カレー

国際貿易港として栄えた門司港の名物メニュー。ビーフ系やシーフード系など各店が趣向を凝らしたメニューを揃え、味のバリエーションも豊富です。

TOPへ