大迫力の絶景ドライブ

浅間山・草津

02 大迫力の眺望を巡る撮影ドライブ

  • ●中型車タクシー(最大4名乗車)JPY41,550
  • ●ジャンボタクシー(最大6〜9名乗車)JPY58,950

6時間

軽井沢周辺は、渓谷や湖、2,000m級の山並みからのダイナミックな眺望など絶景ドライブコースにも恵まれています。江戸時代の大噴火で独自の地形をつくった浅間山や日本屈指の名湯・草津温泉を麓にかかえる白根山など、見どころたっぷり。絶景を巡りながらカップル・夫婦の絆を深めるコースです。

四季折々に美しい世界有数の活火山「浅間山」

浅間山は標高2,568m、世界でも有数の活火山として知られています。
浅間山麓の「鬼押出し園」一帯は、1783年の浅間山の大噴火で流出した溶岩流が風化して形成されました。ゴツゴツとした溶岩石は起伏に富み、その迫力ある景色は世界三大奇勝のひとつに数えられています。園内には遊歩道が巡り、表参道・裏参道・奥の院参道といった散策コースが設けられています。ヤマツツジやハクサンシャクナゲ、ヤナギラン、ヒカリゴケ、イワカガミなど、高山植物をはじめとする花や緑もいっぱい。初夏には新緑、秋には紅葉が楽しめます。

浅間山の雄大な姿は、新緑・紅葉・雪景色と四季折々にさまざまな表情を見せてくれます。鬼押出し園付近から望む姿は「寝観音」に見えるといわれ、古くから人々に親しまれてきました。

また、長野・新潟・群馬にまたがる上信越高原国立公園に含まれ、連なる山々とともに高山植物や野生動物など多彩な動植物を育み、貴重な生物が多く生息しています。独立峰なので山頂からの眺望が素晴らしいのも魅力です。

寝観音と呼ばれる鬼押出し園付近からの眺望
寝観音と呼ばれる鬼押出し園付近からの眺望
鬼押出し園
鬼押出し園
早春の眺望
早春の眺望

日本一の湧出量を誇る情緒あふれる「草津温泉」

群馬県の吾妻郡草津町にある草津温泉は日本三名泉のひとつで、江戸時代の温泉番付で最高位の東大関に格付けされ、古くから親しまれてきた日本を代表する名泉です。湯温が高いことから、草津節など歌いながら木の板で温泉をかき回して温度を下げる「湯もみ」が名物として知られています。
源泉は、大源泉6つに小源泉も多数存在し、自然湧出量は毎分32,300ℓ以上で日本一を誇っています。日本有数の酸性度で高い殺菌作用があり「万病に吉」と言われて多くの湯治客が訪れています。

温泉街の中心地にある源泉「湯畑」は、毎分4000ℓの温泉が湧き出ています。ロータリー状に整備されたデザインは芸術家・岡本太郎が手掛けました。お湯が滝のように湧き出る光景は全国でも珍しく、季節によって夜間にはライティングやイルミネーションで美しい湯畑を見せてくれます。また、周囲は瓦を敷き詰めた歩道や石柵などがあり、湯けむりと相まって情緒あふれる散策が楽しめます。
町内には、昔ながらの温泉情緒を残す旅館からリゾートホテルまでバラエティに富んだ宿泊施設があり、共同浴場が多いのも特徴です。中には日帰り入浴サービスを行っている旅館や、観光客が利用できる共同浴場、無料の足湯もあります。

湧出量日本一を誇る草津温泉
湧出量日本一を誇る草津温泉
湯畑1
湯畑2
湯畑
無料の足湯
無料の足湯

雲海を見ることができる「国道最高地点・渋峠」

横手山と白根山の間を通過する渋峠は、標高2,172m。日本の国道で最も標高の高い地点として知られています。群馬県吾妻郡中之条町と長野県下高井郡山ノ内町の間にあり、群馬県側からは草津温泉街や殺生河原などが、長野県側からは志賀高原や湯田中温泉などの景色が楽しめます。峠は、標高が高いことから11月初旬から4月下旬まで閉鎖されます。

峠には「日本国道最高地点」の石碑が建つ渋峠展望台があり、展望台からは芳ヶ平湿原が見渡せ、天気によっては幻想的な雲海を見ることができます。
また、群馬県・長野県にまたがる渋峠ホテルが建ち、施設内のカフェを利用することもできます。
このホテルでは「日本国道最高地点証明書」を発行しています。
※証明書発行100円

2,172m付近からの眺望
2,172m付近からの眺望
国道最高地点のモニュメント
国道最高地点のモニュメント
長野・群馬県境
長野・群馬県境
証明書発行の渋峠ホテル
証明書発行の渋峠ホテル

絶景パノラマの中で夫婦の絆も深まる「嬬恋牧場」

「嬬恋牧場」は、長野県を中心に新潟県と群馬県にまたがる上信越高原国立公園内、標高1,400mに位置する70ヘクタールの牧場です。目の前には浅間山がそびえ、日本百名山のひとつに数えられる四阿山と180度の絶景パノラマが広がります。春には爽やかな新緑、夏には緑が眩しい牧草、秋には燃えるような紅葉が楽しめます。その素晴らしいロケーションは、数多くのドラマやCM撮影などに使用されています。
また、牧場が群馬県と長野県の県境に位置することから、レストハウスには両県の高原育ちのおいしい農産産物が並びます。牧場のミルクソフトクリームや牛乳はもちろん、打ち立て蕎麦やオリジナルハンバーガーなどご当地メニューが充実しています。

嬬恋牧場のもう一つの人気ポイントが、嬬恋の名にちなみ日本愛妻家協会が設置した「愛妻の鐘」の下で行うセレモニー。日本愛妻家協会が提唱する「愛妻家テミル原則」のゲートをくぐり、愛妻の鐘にあるハグマットの上で愛を確かめ合います。
夫婦や恋人たちが、普段伝えられない感謝の気持ちを伝える場所として活用されています。

「愛妻家テミル原則」のゲート
「愛妻家テミル原則」のゲート
愛妻の鐘
愛妻の鐘
嬬恋村の名前の由来
嬬恋村の名前の由来
レストハウス
レストハウス

白根火山ロープウェイ

◇オプション  別途運賃が発生します。

白根火山ロープウェイは、草津国際スキー場の山麓駅と、逢ノ峰と本白根山の間にある山頂駅を結ぶゴンドラリフトです。草津白根山の山頂駅の標高は2,016m、季節ごとに表情を変える絶景を望む空中散歩が楽しめます。
草津白根山の山頂付近は白い山肌が広がり、いくつもの火口湖があり、湯釜・水釜・涸釜と呼ばれています。湯釜の火口縁には、火口を臨む展望台も設置されています。

※ロープウェイ乗車料 往復大人1,500円

季節毎の表情を身近に楽しめるロープウェイ
季節毎の表情を身近に楽しめるロープウェイ
山肌を縫って登る
山肌を縫って登る
TOPへ