Gourmet

Gourmet

仙台のグルメといえば牛タンがあまりにも有名です。まわりを見渡すと、世界三大漁場のひとつ三陸特有のリアス式海岸や金華山沖で水揚げされる豊富の種類の海産物、雪が多い東北地方の環境だからこそ盛んな畜産でつくられる畜産加工品と海の幸、山の幸の宝庫です。このコーナーでは本サイトで紹介するコース沿線の名物グルメを紹介します。

牛タン定食

タンを薄い切り身にして塩焼きした牛タン焼きに麦飯やテールスープ、白菜漬けと赤唐辛子の味噌漬けが添えられた牛タン定食が人気です。

ずんだ餅

ゆでた枝豆をすりつぶし、砂糖と塩で味付けした餡をからめた餅菓子。宮城を山形などの東北地方を代表する夏季限定の食べ物でしたが、今では一年中食べることが出来ます。

牡蠣(冬季限定)

松島湾産の牡蠣は1年で出荷する「若い牡蠣」。小粒で身が締まって、旨みが凝縮さているのが特徴です。カキフライから牡蛎バーガーまで色々な牡蛎料理が提供されています。

笹かまぼこ

獲れたヒラメを無駄にしないため、すり身にし手の平で叩き、木の葉の形に焼いたもの。伊達の家紋「竹に雀」の笹の葉にちなんだといわれています。

山寺の力こんにゃく

醤油だしで煮込んだ熱い玉こんにゃく。中国からこんにゃくを漢方薬として持ち帰ったとか。長い石段登りに力が沸いてくるのでこの名がついたらしい。

三角油揚げ

「定義山・西方寺」の名物。薄切りの豆腐を油で揚げたもの。揚げたての油揚げにネギ、唐辛子に醤油をかけて食べます。外はサクサク、中はシットリとした食感が特徴です。

餅文化(岩手県一関市)

「美味しくもちを食べたい」が伝統と融合し、独自のもち文化を形成。伝統的なもち料理からアイデアをいっぱいの創作もちまで色々なバリエーションのもち料理が味わえます。

白石温麺

宮城県白石市の名産。麺の長さが10Cm位と短く、細い。油を一切使わず、小麦粉と塩水だけでつくられていて、食べ易く、料理でも扱いやすいのが特徴。お土産にも最適です。

さくらんぼ(期間限定)

山形県・天童市などの観光農園では、6月〜7月にかけてさくらんぼ狩りが楽しめます。異なる品種を次々に口にほおばり、贅沢な食べ比べが楽しめます。

TOPへ