日本三景・松島

仙台市内

02 日本三景・松島の魅力を満喫

  • ●小型車タクシー(最大4名乗車) JPY10000
  • ●ジャンボタクシー(最大9名乗車)JPY15000

2.5時間

大小260 余の島々が松島湾に浮かぶ、日本を代表する名勝地・松島。古来から伝えられる絶景ポイントがあります。“四大観”と名付けられたビューポイントは4箇所。景観に合わせて、「壮観」、「幽観」、「偉観」、「麗観」と名付けられ、それぞれ異なった表情を見せてくれます。このコースでは四大観の中から2箇所のビューポイントをまわり、松島観光桟橋までご案内する松島の魅力たっぷりのコースです。お帰りは松島観光桟橋から塩釜までの観光遊覧船に乗って、是非海上から日本三景を堪能してください。
※お帰りの交通は別途ご案内します。

それぞれ異なるビューポイント“四大観”

松島四大観は松島の対岸・宮戸島のほぼ中央にある大高森から眺める 「壮観」、松島湾の北川・富山から眺める 「麗観」。
そして、今回のコースで訪れるJR仙石線松島海岸駅から一番近くに位置する扇谷の 「幽観」、塩釜港の南東・多聞山から眺める「偉観」の4つのビューポイントのことです。
4つのポイントは地図で示すとわかりやすく、松島湾に浮かぶ260余の島々をぐるっと四方から取り囲むように配置されています。遠く背景に蔵王の連山を配したり、港が近くにあったり、視界が扇形になっていたりとそれぞれ異なる表情を見せてくれます。また、季節によっても新緑や紅葉などの演出が加えられ、感動すること間違いなしです。

このコースでは多聞山からの「偉観」と扇谷からの「幽観」をお楽しみ頂きます。
ぜひまたの機会にすべてのビューポイントに足を延ばしてみてください。

四大観MAP

偉観・多聞山

「偉観」は、松島湾の南側に位置する七ヶ浜町の北方・多聞山からみる景色。正面に地蔵島灯台、更にその奥に馬放島などの奥松島が望めます。松島湾の入口にあって外海にも近いため、断崖に打ち寄せる波が激しく、その雄大さから偉観と名付けられました。北に塩竈湾、塩釡港が近く大小さまざまな船舶の往来も多いため、島々をバックに船舶が重なるベストショットに期待できます。

地蔵島灯台と観光船
地蔵島灯台と観光船

幽観・扇谷

幽観・扇谷は双観山の背後にある高地から眺めるビューポイントです。山頂から見るとV字の谷間から松島湾が見え、その眺望が扇を広げたように浮かび、奥深く見えることから名付けられたとのことです。この扇谷は新緑や紅葉のスポットとしても人気で、それぞれの季節毎にも違った印象を与えてくれます。頂上には仙台藩藩主の茶亭跡もあり風情たっぷりのビューポイントです。

扇谷からの眺め
扇谷からの眺め

円通院

円通院は瑞巌寺の南隣に建っている臨済宗妙心寺派の寺院です。本尊は聖観世音菩薩。通称「バラ寺」「薔薇寺」と呼ばれています。
伊達政宗の孫に当たる仙台藩主二代忠宗の次男・光宗の菩提寺です。 正保2年(1645)に19歳の若さで亡くなった光宗の死を悼んだ忠宗公により開創されました。光宗の霊廟・三慧殿が「圓通院霊屋」として国の重要文化財に指定されています。
三陸三十三観音霊場の第1番札所とされております。
慶長遣欧使節(けいちょうけんおうしせつ)としてヨーロッパに渡った支倉常長が伝えた西洋文化の影響が強く、 厨子内部には日本最古といわれる西洋バラが描かれています。金箔の地に白・赤・緑の三色を用い、 材料には緑青やサンゴが使用されています。

バラ寺として親しまれるようになったのは、天野明道住職がこの厨子のバラをヒントに院内6000㎡余りの白華峰西洋の庭に色とりどりのバラを植え込んで開放したためです。
現在ではバラ以上に、コケ寺として訪れる人々に安らぎを与えています。

【拝観時間】
(4月~11月) 8:30〜17:00
(12月~3月) 9:00〜16:00
【料 金】
大人 300円
高校生 150円
小・中生 100円

数珠づくり体験

円通院では数珠作りを体験することができます。数珠玉は全て円通院のご本尊「聖観世音菩薩」(しょうかんぜおんぼさつ)で祈願、報恩の供養をした天然石、プラスチック・ガラスの数珠玉が用意されています。
数珠は、お葬式、法事、お墓参りなど、仏さまに合掌する際に手に掛け、仏さまと心を通い合わせる大切な法具です。
身につけると災いを取り除き、平穏や安らぎを得られるといわれています。

【数珠作り】
1000円〜(材質により値段が異なります)
9:00〜15:00まで(通年)
所要時間 約20分
円通院山門
円通院山門
境内
境内
ライトアップされた境内
ライトアップされた境内
さまざまな数珠玉が用意されている
さまざまな数珠玉が用意されている

松島観光と交通ガイド

松島観光

このコースで紹介した以外にも、松島観光桟橋周辺にはたくさんの観光名所があります。
828年建立された奥州随一の禅寺で伊達家の菩提寺で荘厳な「瑞巌寺」。元々、豊臣秀吉の伏見桃山城にあった茶室を1本1石も変えぬように移築した「観瀾亭」。松島のシンボル「五大堂」などなど。

遊覧観光船

松島観光遊覧船に乗って、海上から日本三景・松島を間近に眺めるのも松島観光の楽しみのひとつです。
観光遊覧船は松島観光桟橋発着と松島観光桟橋と塩釜港マリンゲート塩釜を結ぶふたつの航路があります。

旅行プランに合わせてお選びください。
◉松島観光桟橋発着 約50分コース・約30分コース
 松島町内と併せての観光に便利です。
◉松島観光桟橋⇔塩釡 約50分
 塩釡観光やJR 仙石線本塩釜駅ご利用の方に便利です。

【丸文松島汽船株式会社】
 塩竈本社/塩竈から乗船の方  Tel.022-365-3611
 松島営業所/松島から乗船の方 Tel.022-354-3453
【松島島巡り観光船企業組合】
 松島観光桟橋         Tel.︎022-354-2233

※ どちらも予約が必要です。

仙台市内へ

仙台市へのお帰りはJR仙石線が利用できます。

JR仙石線
◉松島海岸駅 → 仙台駅
 所要時間 約38分(約30分間隔で運行)
JR仙石線
◉本塩釜駅 → 仙台駅
 所要時間 約27分(15〜30分間隔で運行)
五大堂
五大堂
観光遊覧船
観光遊覧船
拝殿上部の彫刻
拝殿上部の彫刻

オプション 別途運賃が発生します。

壮観・大高森

大高森は松島の対岸・宮戸島のほぼ中央にあるポイントです。山頂からは360°のパノラマで松島が展望出来ます。四大観の中で360°のグルッと見渡せるビューポイントは唯一ここだけです。松島の景色を箱庭のように見られることから「壮観」と言われている。視界の良い日には、松島の背景にはるか遠くの蔵王連峰の雄姿が望め、まさに壮観の一言です。

麗観・富山

東、南、西の三方向が一望でき、その美しさは「松島の景ことごとく富山に在り」といわれています。杉や松、モミの大木に覆われた山頂の大仰寺には奥州三観音のひとつ、富山観音が建立されています。
明治9年には、明治天皇も登られたことのある由緒ある場所である。

松島の朝日
松島の朝日
四季毎に違った景観が楽しめます
四季毎に違った景観が楽しめます
TOPへ