秋保・日帰り温泉

仙台市内

03 日本文化、「温泉入浴」体験

  • ●小型車タクシー(最大4名乗車) JPY10000
  • ●ジャンボタクシー(最大9名乗車)JPY15000

2.5時間

日本を代表する文化のひとつ「温泉入浴」にはたくさんの効果が認められています。お湯の中でゆったりすると血行が良くなり、代謝が促進されます。温泉では更に、温泉成分を皮膚から吸収することにより得られる効能効果や自然の中で五感を刺激するリラックス効果が加味されます。今、日本文化「温泉入浴」を求める外国人観光客が増えています。東北を代表する秋保温泉郷で体験しませんか。

秋保温泉/ 日帰り入浴

名取川の上流、仙台市街から車で20分とアクセス良好の秋保温泉は、“杜の都仙台の奥座敷”と称される様に宿泊はもとより仙台市民の日帰り入浴利用が多い温泉です。その歴史は古く、開かれたのは今から約1500年前と伝えられ、第29代欽明天皇の病がこの湯により全快され「名取の御湯」の称号を賜りました。藩政時代には伊達家の入浴場も置かれていました。以来、鳴子温泉、飯坂温泉とともに奥州三名湯の1つとして数えられる名湯です。
効能はリューマチ、神経痛、創傷、皮膚病、貧血、婦人病に効くとされています。共同浴場からホテルの大浴場までいろいろなタイプの浴場があり、自分の好みの温泉を選んで入浴できます。

周辺には名取川上流部の渓谷、磊々峡や磐司岩、日本三名瀑の秋保大滝も近くにあり、自然が織り成す豪快な景観を楽しめます。

豊かな自然環境と共に仙台市民の憩いの温泉として広く慕われています。
これこそ日本文化・温泉入浴。
地元の人と、また観光客との“はだかの触れあい”をお楽しみください。

■入浴については別途入力料が必要です。
 300円(入浴のみ)〜2,160円(入浴と飲食のセット料金)/大人1名

「伝承千年の宿 佐勘」の地下大浴場
「伝承千年の宿 佐勘」の地下大浴場
「伝承千年の宿 佐勘」の名取の御湯
「伝承千年の宿 佐勘」の名取の御湯
日本三名瀑の秋保大滝
日本三名瀑の秋保大滝

ガイド 温泉入浴のマナー

温泉入浴に慣れていない外国人の皆様のために、簡単なマナーをまとめました。

【温泉入浴のマナー】

  • バスタオルや水着を着用して入浴しない。
  • 風呂に浸かる前に体にお湯をかけ、汚れを落とします。
    これをかけ湯といいます。「かけ湯(かかり湯)」には温泉の泉質と温度に体を慣らすという大切な意味もあります。
  • タオルを浴槽につけない。
  • 周囲の方にシャワーのお湯やシャンプーの泡などがかからないように注意します。
  • 体は浴室でしっかり拭いてから脱衣場に移動し、脱衣場を濡らさないようにしましょう。体を濡らしたまま脱衣場に入って、バスタオルで体を拭くのは典型的なマナー違反です。
イメージ
イメージ

なぜか人気の秋保のおはぎ

秋保のスーパーマーケット「さいち」おはぎがなぜか人気です。
おはぎとはもち米とうるち米を混ぜたものを蒸して、米粒が残る程度に軽くたたいて丸めたものに餡をまぶした食べ物です。
この秋保のおおぶりなおはぎは甘みを抑えた昔ながらの素朴な味わいで、もちろん他では食べられない味。秋保でしか食べられない名物として、少しずつ少しずつ口コミで広がっていきました。

昔懐かしいおはぎ
昔懐かしいおはぎ

“秋保工芸の里” 工芸体験

秋保温泉から車で約10分、日本の伝統工芸を体験できる「秋保 工芸の里」があります。
こけし・木工・江戸独楽・染織・仙台箪笥など9 つの伝統工芸の工房が軒を並べています。それぞれの伝統技術を継承しながら丹精込めて「手しごと」で作品を製作しています。ここではその製作風景や作品の数々を見学することができます。

また、職人達の直接指導を受けながら工芸体験ができます。自分だけのオリジナル作品がつくれます。

体験メニュー
コマの絵付け体験
コマの削り出しから間近で見ることができ、磨きと絵付けをして完成。
職人の道具に囲まれての貴重な体験ができます。

こけしの絵付け体験
赤と黒の大胆な二色使いが特長的な、仙台系の伝統こけしに会える工房。絵付けだけでは満足できないという方には、ロウ仕上げと組立てまでを行う本格コースがおすすめです。

トンボ玉体験(バーナーワーク)
ガラスをガスバーナーで熔かすところから、形の成形や模様付けまで、全ての工程を体験しながら世界にたったひとつのトンボ玉をつくることができます。

こけしの絵付け体験
白い木地に、自由に描くことで世界に一つだけのこけしが作れます。
実際に絵付け体験をしたこけしは、ラッカー仕上げにしてお渡しします。

ハンカチーフの藍染め体験
阿波藍建てによる、絞り染め体験ができます。
1枚の布に思い思いの絞りを施して、オリジナルデザインのハンカチーフに仕上げます。

糸ノコ木工体験
糸ノコで型を切抜きキーホルダーに仕上げたり、パズルや壁掛けづくりも体験できます。

お箸の漆塗り体験
仙台箪笥づくりの専門店で、職人の話を聞きながら漆塗りを体験。
お箸の長さをカットするところから始まり、漆での仕上げまで行います。その他に、おわんなどの絵付け体験もあり。

別途体験費用が必要です。

工芸の里
工芸の里
工芸の里 全景
工芸の里 全景
こけし絵付け
こけし絵付け
※仙台市ホームページより
※仙台市ホームページより

オプション 別途運賃が発生します。

仙台の伝統工芸

仙台箪笥伝承館

仙台箪笥は仙台を代表する工芸品です。伊達政宗が仙台城を築城した折、大工の棟梁が創案したのが始まりとされています。ケヤキや栗の木を使い、美しい木目が特徴です。
仙台箪笥伝承館では作品とその歴史が紹介されています。

玉虫塗 東北工芸製作所

玉虫塗は漆塗りを元に、量産可能で輸出できる商品づくりのために開発された仙台生まれの漆塗装技術です。和食器だけでなく、サラダボウルやボールペン、ワインスタンドなど、リーズナブルな価格で漆器の光沢・色合いが楽しめます。

仙台箪笥
仙台箪笥
玉虫塗
玉虫塗
TOPへ